Main | September 2004 »

Thursday, December 25, 2003

OutRun2

巷ではOutRun2なるゲームが稼動し始めたらしい。

思い出すなぁ。前作のOutRunが出た頃は高校生だったっけか。当時最新のグラフィックスでロケテからハマったよ。ドライブゲームだというのに、今では考えられないほど操作がアバウトでだったことと、敵車との接触判定がひじょーにアバウトだったことを今でも昨日のことのように思い出す。
ゲームに出てくるオブジェクトは(スプライトだもんで)厚さっちゅう概念がなくて、画を描いた板だった。ぶっちゃけて言えば綺麗なポールポジション(古!)なんだけど、あのドライブ感覚が絶妙で病み付きになった。BGMもノリノリでお気に入りだった。ゲームのBGMが単体の音楽として成り立つようになったはしりだったように思う。

あれから20年近く経った。高校生はすっかりオジさんになり、今や一児の父である。ドライブゲームは進化を重ねやれポリゴンがどうだの、力学モデルがこうだの小難しい薀蓄を言うようになった。はっきり言ってオジさんはついて行けない。リアリティが増した分、爽快さは失われたように思う。そんな中、また「あの」感覚を味わえるゲームが現れた。ゲーセンに行く目的が一つ増えた。

| | Comments (312) | TrackBack (2)

Tuesday, December 23, 2003

子育ては楽し

12月は忙しい。別に12月だからというわけではないけれど、先週は特に忙しかった。
それはさておき、うちの子ももう2ヵ月半。このごろはこっちが笑うと笑い返してくれるようになった。単純なことだけどとても嬉しい。すっかり抱っこも慣れた。自分にしがみついて寝るようになると「大事にしなきゃいかんなー」って気になってくる。

それより驚いたのは嫁さんの変貌だ。今まではわりとちゃらんぽらんな方だったのだが、子供が生まれてから人が変わったように家事に精を出すようになった。洗濯も、掃除も、料理も、100点とは言えないまでもすごく頑張っているのがわかる。本人は満足できてないようだけど、僕は十分だと思っている。
信じられないかもしれないがうちでは布オムツで通している(*)。出かけるときなどに紙オムツを使うこともあるけど、ほとんど布オムツだ。だから洗濯物がハンパではない。嫁さんは毎日何度も洗濯機を回して寒い中ベランダに干している。水仕事が増えたせいで手は荒れ、見るも痛々しい。反面、立派な母親になっていく姿を見るようで、なんか誇らしいようでもある。

そんな頑張り屋の嫁さん、これからも頑張ってね。
* 布オムツなのは嫁さんのポリシーです。私が強要しているわけではありません。

| | Comments (484) | TrackBack (0)

Friday, December 12, 2003

WANTED

最近探しているものがある。ダメもとでここに書いてみるので、ご存知の方はコメントいただけると幸いだ。
それは電源タップである。それも普通のじゃなくてネットワーク経由でON/OFFできるもの。プリンタとかネットワークディスクは動作音がうるさいので離れた部屋に置きたいのだが、常時ONにすると電気代がモッタイナイので(ケチ?)使っていないときはOFFにしたい。でもいちいち部屋まで行くのはオックウ。というわけで、手元のPCからパケット送ってリモート操作したいのである。
ググってみたりもしたが、個人用のお手軽なものはない様子。業務用なら8万くらいであるらしいが、残念ながらうちはそんなに裕福ではない。
最近は簡単なwebサーバになるetherコネクタとかあるらしいので、作ろうと思えば作れると思うのだがどこか製品化してはくれないだろうか?

| | Comments (764) | TrackBack (0)

Thursday, December 11, 2003

Round-trip

そんなわけで、無事帰国。帰りの便ではマッチスティック・メンとファイティングファインディング・ニモを鑑賞。お金払っては見に行かない映画もタダだと見てしまうところが貧乏性。以前にもマトリックス、マトリックス・リローディッドを機上で観ているので、次回こそレボリューションズを観て3部作制覇と行きたいところ。

お土産のクマグミは思っていたより普通の味、もっと強烈なのを期待してたのだが。嫁は喜んで食っているので良しとしよう。

| | Comments (307) | TrackBack (1)

Wednesday, December 10, 2003

朝からビール

そんなわけで仕事終わり。今日昼の便で日本に帰ります。今はSan Jose Int'l Airportのバーでビールを飲んでます。空港内でもWi-Fiが使えるってすごい。Intelさまさまだよ、でも一日$6.95-有料なのです。
嫁さんが頑張ってるおかげでカウンタも順調に伸びてもう50を超えました。見てくれた方感謝です。コメントまでいただいたりしちゃって嬉しい限りです。トラックバックまでされてるよ!と思ったら嫁さんのだった。
とにかく無事なので、心配しないでね>嫁さん

| | Comments (309) | TrackBack (0)

Tuesday, December 09, 2003

滞在2日目

昨日は時差ボケと闘いながら買い物をしたり、仕事の打ち合わせをしたりして過ごした。
晩はシーフードのレストランに行って monkfish(アンコウ?)のグリルを食べた。焼き魚としてのアンコウは初めてだったけど、なかなかの美味。アメリカでも活きの良い魚が食べられることに驚く。アルコールは珍しく Guinessがあったので頼んでみたのだが、激しく後悔。いかに Guiness展望台で飲んだ一杯が美味かったのかを痛感させられた。

さて、今日は仕事の本番。それが終われば明日はまた機上の人。観光らしい観光もできないが、一人で観光しても面白くないのでこれはこれで良いと思っている。機会があったら一度は嫁さんを連れて来たいものだ。
おっとそろそろ時間だ。行ってきます。

嫁さんへ:
そうそう、昨日買い物をして御所望のクマグミは手に入れましたぞ。

| | Comments (1478) | TrackBack (2)

Monday, December 08, 2003

初めての投稿はSan Joseから

ココログのアカウントは作ってあったのだけれど、記事を書くのは実はこれが初めて。嫁さんのココログからリンクを張ってもらっているので、なにげにカウンタが上がっていたりするのだけど、今まで来てくれた人たちは空っぽのページを見てさぞガッカリしたでしょう。
CSSいじったりいろいろやりたいことはあるのだけど、今はなかなか時間が取れない。落ち着いて何かを書けるのはこうして出張に来ているときぐらい。てゆーか出張の時こそ仕事しろよオイ。
さて、このサイトのタイトル Un observatoireの由来。英語で言うと An observatory、日本語ではある観測所とかある観察室になります。なぜ仏語かというと、何となく風情があるから。深い意味もないし私自身仏語は使えません。だからあんまり突っ込まないで、お願い。
ご存知の通り私には嫁さんがおるのですが、この人がまた面白い人で、一緒にいると毎日飽きません。どう面白いかは彼女の日記を読んでもらえば分かると思いますが、私は旦那の視点から彼女を観察し、日記をつけようと思ったのです。
実際にはたまにしか記事を書かないだろうし、嫁さんとは関係ない話も多いと思いますが、なにとぞよろしく。

| | Comments (381) | TrackBack (1)

Main | September 2004 »